aga 評判

既にある毛髪を育てるのが育毛剤で、AGA治療は生活習慣の改善まで視野に入れた治療行為となり、目的や趣旨が大きく異なります。

    

AGA治療は医薬品を用いて行う医療行為であるため、医療機関への受診が必要となります。薬を用いて薬事的に発毛を促しつつ、医療側では生活環境の改善指導を実施して体の体質改善を図ることで脱毛を防ぎ、発毛を促進していくという治療になります。

治療で使用される薬は主に2種類で、プロペシアとミノキシジルになります。プロペシアはアンドロゲンと呼ばれる男性ホルモンの生成を抑制する働きを持ちます。男性ホルモンの分泌が多すぎると毛髪に悪影響が出るため、まず男性ホルモンの生成を抑制してこれ以上抜け毛がないようにするわけです。

その上で発毛を促進するミノキシジルを使用します。ミノキシジルは毛乳頭細胞や毛母細胞の活性化に効果があり、発毛していない細胞からは新規の発毛、既に発毛している細胞については細胞を活性化させることで太く抜けにくい毛髪の成長を促すことが出来ます。

プロペシアは体内で男性ホルモンの生成を抑制させるために内服薬となっており、ミノキシジルは頭皮に直接働きかけるため外用薬として使用されています。一方、テレビなどで宣伝されている育毛剤はホームセンターやスーパーマーケットなどでも販売できるようにその多くが医薬品ではなく医薬部外品となっています。

そのため、医薬品にしか使用の認められていない成分は使用できないほか、医薬部外品での使用が認められている成分でも医師の処方箋によって購入が認められる医薬品と比べると濃度などに制約があります。また、育毛剤は考え方として、基本的に現在生えている毛髪を育てるために用いられます。

既に生えている毛髪に対する効き目はありますが、生えなくなってしまったところから新しく毛髪を生やすというものではありません。薄毛が進行してしまっている場合など、新しく毛髪を生やす必要がある場合には育毛剤ではなく、根本的な治療を行う必要があります。

AGA治療は毛髪を薬でどうにかするだけでなく、逃避に良くない生活習慣の改善まで視野に入れた医師による治療行為ですので、育毛剤を使用するのとは元々目的や内容が大きく異なっています。