aga 評判

AGAの治療薬には副作用があると聞き、治療を躊躇しています。一体どのような副作用があるのでしょうか?

    

AGAの治療に使用される薬品にはフィナステリドやミノキシジルといったものがあります。それぞれがAGAの治療に効果があることが判っていますが副作用についてもいくつか報告されており、使用する際は注意が必要になります。

・フィナステリドの副作用
フィナステリドはAGA専門のクリニックなどで処方されている治療薬で、主に飲み薬として使用されます。AGAの原因のひとつに男性ホルモンの影響があり、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンの一種が大量に分泌されることで髪の成長が阻害され、髪が十分に成長する前に抜けてしまうことでAGAが進行すると考えられています。

フィナステリドはこのジヒドロテストステロンの生成を抑止する効果を持ち、AGAの進行をくい止めるだけでなく、AGAの初期段階であれば髪の成長期間を正常な状態に戻すことで再び健康な髪の毛が生えてくる場合もあります。フィナステリドの副作用には胃の不快感や性欲減退、勃起不全など男性機能に関するものがあり、肝機能障害など重大な副作用が発症したケースも報告されています。

ただこれらの副作用の発症率は低く、臨床試験ではプラシーボ効果による思い込みで副作用が発症した場合とほとんど割合は変わらないという結果も出ており、薬品に対する過剰な反応が副作用を発症させる可能性があるとも考えられます。

・ミノキシジルの副作用
ミノキシジルは主に外用薬として使用され、ドラッグストアなどでも簡単に購入することができる治療薬です。ミノキシジルは元々血管を拡張し、血流をスムーズにすることで高血圧を改善させるという目的で開発された薬でした。しかし薬を投与された患者の脱毛症が改善されたことからAGAの治療薬としても使用されるようになりました。

ミノキシジルによって血流が良くなり、髪の生える元となる毛乳頭細胞や毛母細胞へ栄養が行き渡るようになることが髪が生えてくるメカニズムと考えられていますが、髪以外の毛の量が増える多毛症や、血流が良くなり過度に皮脂が分泌されることでニキビや吹き出物ができるといった副作用が発症することもあります。

ミノキシジルの副作用には他にもアレルギー反応による頭皮の痒みや、低血圧、頭痛、性欲減退など様々なものが確認されており、これらの副作用が発症した場合はすぐに薬の使用を中止し、医師の診察を受けることをおすすめします。