aga 評判

aga治療で使われるプロペシアとはどんなものですか?aga治療で有名なプロペシアとはどんなもの?

    

プロペシアとは、ミノキシジルと同じくagaの治療によく使われる薬のこと。プロペシアというのは商品名のことで、フィナステリドという成分からできています。もともとは前立腺肥大や前立腺癌の患者に対して使われていたのですが、患者に発毛効果が見られたことからagaの治療でも使われるようになりました。

「プロペシアがagaを改善する仕組み」
テストステロンという男性ホルモンと、5αリダクターゼという酵素から作られる物質DHT。agaの原因であり強い脱毛作用があるのですが、この5αリダクターゼの生成を抑えてくれるのがプロペシア。つまりプロペシアを摂取すれば、DHTの生成が抑えられてagaが改善されるのです。

髪の生え際が広がってくM字型や、頭頂部から薄くなっていくO型、側頭部が薄くなるものなど脱毛の症状はさまざまですが、プロペシアはどの症状でも効果が期待できます。そのため、色々な育毛剤を試したけれど育毛効果がなかったという人にはピッタリです。

「育毛や発毛するまで6か月はかかる」
フィナステリドには配合量が0.2mgと1.0mgの商品とがあり、1日の上限量は1.0mgとされています。たくさん飲めば育毛効果が高くなるわけではありません。新しい髪が生えてくるというよりも、抜け毛が減ったり細い毛が太くなるなど、agaの進行を抑えるというものです。

「プロペシアを入手するには医療機関か個人輸入をしよう」
残念ながら、agaの治療は保険が効かないため、診察費と合わせて10,000円ほどかかってしまいます。さらに、少なくとも6か月間は使い続けなければならないので、どうしても高額になります。できるだけ費用を抑えたいのなら、プロペシアと似た成分でありながら価格の安いフィンペシアという商品を選んでみてはいかがでしょうか。

フィンペシアならプロペシアの1/10の費用で済みます。

「注意すること」
プロペシアの効果があるのは男性のみで女性には処方されません。プロペシアの副作用として、湿疹やかゆみ、性的不能や性欲減退が起こるといわれていますがハッキリとは分かっていません。体調がおかしいと感じたら、プロペシアの使用をやめて病院で診てもらいましょう。